守山市 胃がん検診(胃カメラ)について

当院は令和3年(2021年)度より、守山市胃がん検診(胃内視鏡検査)の実施医療機関になりました。

​『有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン2014年度版』において、50歳以上の男性・女性を対象とした対策型胃がん検診の方法として、胃部エックス線検査(いわゆるバリウム検査)の他に、胃内視鏡検査が推奨されました。現在、滋賀県においては胃がん検診の選択肢として内視鏡検査(胃カメラ)が増えてきています

​当院で検診(胃カメラ)をご希望の方は一度ご来院ください

488468.png

<対象者>

受診年度末日において50歳以上の市民

受診間隔は2年度に1回とする

<対象の除外条件>

・胃がん検診(内視鏡)に関するインフォ―ムド・コンセントや同意書の取得が出来ない人

・過去に食道がんや胃がんになったことのある方

・胃疾患(胃潰瘍)で治療中の人

・ピロリ菌の除菌(治療中・除菌後)歴がある人

・胃の全摘手術後の人

その他(守山市のホームページを参照ください)

<費用>

3,400円

検査中にガンを疑う所見を認めた場合は追加で細胞検査を実施します。

(保険診療)1,600円(1割負担)~5000円(3割負担)